RSS | ATOM | SEARCH
8月25日(土)に神奈川で『学びと就労 社会へ繋がる希望の橋』を開催します。
8月25日(土)の神奈川のイベント『学びと就労 社会へ繋がる希望の橋』 についてお知らせします。

チラシはこちらへ

チラシ表チラシ裏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
就業支援、キャリア教育、就活・採用支援の団体・企業が集結! 
今こそ、若者支援に社会資源(人・モノ・資金)を投入すべき時! 

      『学びと就労 社会へ繋がる希望の橋』 

 日時:8月25日(土)14時〜18時(終了後、交流会を開催) 
 場所:アクセンチュア(株)みなとみらいオフィス9F <地図> 
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3みなとみらい MMパークビル
    みなとみらい線みなとみらい駅 4番出口すぐ 
 参加:無料 ※交流会参加の場合、参加費1000円
 定員:200名 
 主催:アスバシ教育基金・NPO法人ユースポート横濱・アクセンチュア(株) 
 申し込み: こちらのURLからお申し込み下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大卒の2人に1人。高卒の3人に2人は就職できない。
又は、3年以内に仕事をやめています。 
これは単なる不況だけの問題ではありません。 

若者たちが子どもから大人になり、そして、社会の担い手となっていく
プロセス全体がいびつになり、生きづらく、成長しづらい環境になっているのです。 

この問題を放置すれば、少子化で若者の数が少なくなっている上に、社会保障の支え手となるべき人が支えられる人となり、日本の超高齢社会の社会保障は持続不可能です。 

人の成長は長くかかるものだからこそ「今すぐ着手」し、戦略的かつ持続的な打ち手を国・行政の側に依存することなく、市民側からもすすめていかなければなりません。 

小学校、中学校、高校、大学(専修学校)の学校段階の若者の支援をするNPOと就職活動を支援する企業、フリーター・ニートになった若者達への就業支援を行うNPOが集い、問題意識と解決策を提案します。 

「学び」段階から「就労」段階をスムーズにつなぎ、若者達が明日の社会へと渡っていける 『希望の橋』を、共に創り出していきませんか? 

●内容 
1.キーノートプレゼンテーション 
 「明日の社会にかける橋」を創ろう! 
 毛受 芳高
 (一般社団法人アスバシ教育基金代表理事・NPO法人アスクネット設立者) 

2.高校生・大学生のプレゼンテーション
 「一歩踏み出すことからはじまる物語」(仮称) 

3.パネルディスカッション『学びと就労 社会へ繋がる希望の橋』 
<パネリスト> 
・生重 幸恵
(一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会代表理事、NPO法人スクールアドバイスネットワーク理事長) 
・岩永 牧人
(NPO法人ユースポート横濱理事長) 
・川島 高之
(NPO法人コヂカラ・ニッポン代表理事、NPO法人ファザーリングジャパン理事)
・佐藤 孝治
(螢献腑屮ΕД 代表取締役) 
・宮城 治男
(NPO法人ETIC代表理事) 
・山中 昌幸
(NPO法人JAE理事長) 

4.ワールドカフェ 『社会へ繋がる希望の橋』をどう築くか? 

5.共催のNPO法人ユースポート横濱、アクセンチュア(株)よりメッセージ
岩永牧人(ユースポート横濱 理事長)、市川博久(アクセンチュア(株) パートナー)

6.クロージング 〜橋をかけるためのアクションへ〜

●お申し込み先
以下のURLよりお申し込みください。

●お問い合わせ先 
一般社団法人アスバシ教育基金 
TEL: 03-5545-9950 
メール: jim@asubashi.jp
author:newsid, category:イベント予定, 17:33
comments(0), -, -
Comment