RSS | ATOM | SEARCH
アスバシLIVE’18@愛知(これからの地域・企業を担う、強い人づくりの秘訣とは?)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
   これからの地域・企業を担う、強い人づくりの秘訣とは?

 名古屋の若手経営者が集う名古屋青年会議所のリーダー 青木照護氏
                ×
    海外留学・旅行で学生を成長させてきた経営者 西智彦氏
                ×
    心理、コーチング、人材研修のエキスパート 坂元誉子氏
                ×
     復興現場で学ぶスタディツアーを企画した高校生たち

  日時:2014年4月27日(日)15:00〜17:00(受付:14時40分〜)
  ※17時30分から会場近くで懇親会開催
  会場:労働会館本館2階(JR・名鉄・地下鉄金山駅より徒歩10分)
  名古屋市熱田区沢下町9-3

          アスバシLIVE’18@愛知    ※シェア歓迎
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日本生産性本部が毎年3月に出している「新入社員の特徴とタイプ」。
平成26年度のタイプはなんと「自動ブレーキ型」と評価しています。

「知識豊富で敏感だけれども、壁にぶつかる前に活動を終了。
何事も安全運転の傾向。人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足」
日本生産性本部HPより http://www.jpc-net.jp/new_recruit/

また最近の若者を、「内向き」「受動的」「チャレンジ精神にかける」など、ネガティブに評する発言も多く聞かれます。

しかし、本当にそうなんでしょうか?どうしたら、壁を乗り越えていく、いや、ブレーキを踏むのではなく、むしろアクセルを踏み、壁をぶちぬいていくような「強い若者」を育てていけるのでしょうか?

様々な復興を阻む現実が山積している東日本大震災の現場のみならず、課題先進国と言われる日本には、様々な困難に打ち勝つ「強い人づくり」が不可欠です。

今回のトークライブでは、様々な立場のゲスト、そして実際に被災地の復興現場へのスタディツアーを企画し、現地をみてきた高校生とともに、「強い人づくり」のその秘訣を探っていきます。

人を育てる立場の方、リーダーとして人に関わられる方、我が子の教育で何かのヒントを探している方など、ぜひ御参加ください。

【今回のゲスト】
・青木照護氏(公益社団法人名古屋青年会議所第64代理事長、株式会社ノーリツイス代表取締役社長)
64年の歴史を有し、約700名の青年経済人が所属する名古屋青年会議所(JC)。そのリーダーとして、これまでの名古屋JCの枠を超える事業を展開。2月には下村博文文部科学大臣を招き、1500名を超える参加者を集めたフォーラムを実施したり、社会課題を事業を通して解決していく「社会起業家」を育成する塾を立ち上げたりと、新たな人づくり、社会づくりに向けて精力的に活動中。家業としては、創業67年目を迎える東海金属工業蟲擇哭ノーリツイスの社長として、日本のモノづくり技術を活かしたオフィスチェアの製造・販売を行っている。
https://www.nagoyajc.or.jp/64nendo/about/greeting/
http://www.noritsuisu.co.jp/

・坂元誉子氏(NLMデザイン代表)
大学卒業後、鹿児島県中学校教諭として6年間勤務。その後、40数種類の心理療法、コーチングを学び、トレーニングを受ける。現在は、若年層から管理職・経営者までの人材育成・教育に特に力を入れて活動している。年間の研修・講座は300本超。専門は心理学分野と人間関係学分野。特に心理の視点を生かしたコミュニケーション研修を得意とし、人材育成の科学的視点の研修は好評である。認知行動療法、交流分析、ゲシュタルト療法、再決断療法等のトレーニングと現場経験も多数。社会貢献活動として『絵本コーチングR』という人間関係トレーニング分野を開拓確立もしている。

・西智彦氏(株式会社ジェイエスティー代表取締役)
大学を休学して長距離バスでアメリカ中を旅している間に、世界の広さを目の当たりして「旅行業をしよう」と決意。大学卒業後に旅行会社へ就職、一年目から名古屋オフィスの責任者を務める。1979年、株式会社ジェイエスティを設立、代表取締役社長に就任し、海外留学・ホームステイの手配を始める。学生だったお客さんの成長とともに、海外ウェディング、ハネムーンツアーと業務を広げていく。スタッフの人間性を向上させることに注力し、リピート・紹介率8割を誇る旅のプロ集団を作り上げた。2003年より12名の社長育成プログラム始動。

・高校生・東北スタディツアー企画者
高校生東北スタディツアー実施に際して、企業の皆様からの協賛金活動に取り組んだ享栄高校1年生金田君や、ツアー企画者・参加者をお呼びして、東北スタディツアーの報告をしていただきます。
※高校生東北スタディツアーとは?
高校生が企画実施するスタディツアーになります。被災地の現状を知るだけではなく、被災地の厳しい中でも頑張っている大人たちから話を聞いたり、その人のもとでインターンシップを行っていくことで、大きく成長していくプログラムです。


◆プログラムコンテンツ(内容は変更する可能性がございます。)
受付開始            14時40分〜 
オープニング          
ゲストパネルディスカッション 
高校生報告            
ゲストパネルディスカッション◆
クロージング          

○――――――――――――――――――――――――――――○

●アスバシLIVE’18概要●
◆日時:2014年4月27日(日)15:00〜17:00
  ※イベント終了後17時30分頃から会場近くで懇親会を開催致します。
  是非参加者の方とご交流下さい。

◆会場:労働会館本館2階(JR・名鉄・地下鉄金山駅より徒歩10分)
    名古屋市熱田区沢下町9-3
◆参加費:無料
※本イベントは、一般社団法人アスバシ教育基金のチャリティー講座として実施させて頂き、アスバシ教育基金の活動にご理解頂いた方には、講座終了後ご寄付をお願いさせて頂いております。
◆定員:60名程度
◆主催:一般社団法人アスバシ教育基金 愛知支部
◆共催:NPO法人アスクネット

アスバシとは「明日の社会にかける橋」の略。アスバシ教育基金は、
若者の心に火が付く、心が動き出す体験を、社会全体が若者達に
提供していける仕組みづくりを目指しています。

●懇親会概要●
◆時間:2014年4月27日(日)17:30〜
◆場所:イベント会場近くで調整中
◆費用:2〜3千円程度

○――――――――――――――――――――――――――――○
◆申込方法
 下記いずれかよりお申込み下さい。
Facebookページより参加ボタンを押して下さい
 
https://www.facebook.com/events/239796102890882/
▲瓠璽襪任申込み
 件名に「アスバシLIVE’18」とご記入の上、本文に「お名前」
「ご所属」「連絡先」をお書き頂き、
 jim@asubashi.jpまでご連絡ください。

★★お問い合わせ先:一般社団法人アスバシ教育基金★★
メール:jim@asubashi.jp
author:newsid, category:イベント予定, 10:24
comments(0), -, -
Comment